ポーカーはカジノの代表的なゲームの一つです。トランプを使用してプレイするゲームとなっており、お金を賭けずに遊びとしてもプレイしたことがある方は多いのではないでしょうか。

ポーカーはオンラインカジノでもプレイすることができ、役や確率などを正しく理解していればルーレットなどと違って勝率を高めることも可能です。

本記事ではポーカーの基本的なルールや用語、安定して勝つためのコツなどをご紹介します。

必ず勝てるようなオンラインカジノ 税金 出金はありませんが、コツを押さえておけば大負けに繋がる可能性を低くすることにも繋がるので、ポーカーで稼いでみたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ポーカーとは

ポーカーとはトランプを使ったゲームのことで、5枚のカードで役(ハンド)を作って役の強さを競います。

複数名で同時にプレイするのが基本で、他のプレイヤーよりも強い役を作るか、相手プレイヤー全員をゲームから降りさせることで勝利を掴みます。

カードの引き運も影響しますが、ほとんどの場合は心理戦です。自分の役が強い場合でも、相手の役を過小評価させて降りさせることができれば役で勝負せずに勝利することができます。

反対に弱い役でも、相手プレイヤーを騙して降りさせることができればそれもまた勝利です。

以上のようにポーカーは、心理戦を主としたゲーム内容となっているため、確率や心理戦が得意な方には最適なゲームと言えます。

逆に数字や心理戦が苦手な方の場合はカモにされやすいので注意が必要です。

ポーカーのルール

ポーカーの基本ルールは以下の通りです。

人数 2~6人
使用するカード ジョーカーを除いた52枚
勝利条件
  • 手札で勝負をして役が強い方が勝利
  • 自分以外のプレイヤーをゲームから下ろすことができれば勝利
手順
  1. 参加チップを払う
  2. カードを受け取る
  3. 役を確認
  4. 役で勝負するor心理戦で勝負するor自身が下りる
  5. 勝負

ポーカーは基本的に、世界基準ルールであるテキサス・ホールデムに基づいてプレイします。

テキサス・ホールデムは配られた2枚のカードと、参加プレイヤーが共有する5枚のコミュニティカードの合計7枚で役を作り、駆け引きをします。

最終的にプレイヤーが2人以上残った場合には、手札を見せ合って役の強弱によって集められたチップの獲得者を決めて勝負が完結します。

スロパチ いそ まる

ポーカーをプレイするうえで、役の種類は必ず把握しておかなくてはいけません。以下で役の種類をご紹介するので、これを機にすべて覚えておきましょう。

強さ 条件
A > K > Q~4 > 3 > 2 ハイカード 役が何も成立していない状態で、手札の中の一番強いカードで勝負する。
A > K > Q~4 > 3 > 2 ワンペア 同じ数字が2枚ある状態。
A > K > Q~4 > 3 > 2 ツーペア 同じ数字2枚の組み合わせが2組ある状態。
A > K > Q~4 > 3 > 2 スリーカード 同じ数字3枚の組み合わせがある状態。
【強】A・K・Q・J・10

【弱】5・4・3・2・A

ストレート 種類に関係なく、連続する数字のカードを5枚揃えた状態。Aを挟んでKと2をまたぐことはできない。
A > K > Q~4 > 3 > 2 フラッシュ 数字に関係なく、5枚すべての種類(柄)が同じ状態。フラッシュ同士の場合は、最も強い数字のカードで勝敗を決め、強いカードが同じ場合には2番目に強いカードで勝負します。同様に2番目も同じ場合には3番目、4番目、5番目と勝負します。
A > K > Q~4 > 3 > 2 フルハウス スリーカードとワンペアの組み合わせの状態。フルハウス同士の場合は、スリーカードの状態の役の強さで勝負します。
A > K > Q~4 > 3 > 2 フォーカード 同じ数字のカード4枚を揃えた状態。
A > K > Q~4 > 3 > 2 ストレートフラッシュ 連続する5枚の数字のカードを、同一の種類(柄)で揃えた状態。
最も強い役 ロイヤルストレートフラッシュ 「10・J・Q・K・A」の5枚が揃った状態。ロイヤルストレートフラッシュ同士の場合は“引き分け”となります。

表は役の弱い順で並べました。最も強い役がロイヤルストレートフラッシュです。

基本的役が被った場合には数字の強さで勝敗を決め、ロイヤルストレートフラッシュのように数字で強弱が決められない場合には引き分けとなります。

ドラクエ 11s カジノ 景品

ポーカーでは、使用する用語が何種類かあります。ルールを理解するうえでも覚えておくべきですし、心理戦を制するためにも覚えておくことを推奨します。

用語 意味
ハンド 手札のこと
ハンドレンジ 各プレイヤーが持ち得るであろうハンドの組み合わせのこと
オールイン 自分の持ちチップを全てベットすること
ベット チップを賭けること
コール 先のプレイヤーと同数のチップを出してゲームを続けること
レイズ 先のプレイヤーよりも多いチップを出して競り上げること

必要最低限の用語のみ、本記事ではご紹介しました。ゲームをプレイしていく中で初めて聞く用語とも出会うと思いますので、少しずつ覚えていきましょう。

あおい パチスロ

ポーカーに絶対はありません。このことを理解したうえで、どのように勝率を上げていくかを考え続けることが重要です。

以下では、あおい パチスロを5つご紹介しますが、100%勝つためのオンラインカジノ 税金 出金では無い点に気を付けてください。

【あおい パチスロ】

  • パチンコ やめ どき
  • あおい パチスロ
  • 兵庫 県 パチスロ イベント
  • ベットコントロールをする
  • あおい パチスロ

それぞれのコツを実践することで、負ける確率を最小限に抑えることができるでしょう。

リスク管理はポーカーにおいて重要とされる要素の一つでもあるので、ここでしっかりと覚えておいてください。

パチンコ やめ どき

ハンドレンジとは、自分が勝負する際の手札の勝率を自分なりに決めておく基準のことで、その基準は人それぞれです。

ポーカーにおいて運任せで勝負をすることほどムダな賭けは無いので、自分なりにハンドレンジを絞っておき、条件が整った時に勝負することが大切になります。

もし条件が整わなかった場合には、フォールドや降りることを検討することで安定した勝率を目指せるでしょう。

あおい パチスロ

ポーカーは心理戦なので、迷いが発生した時はコールせずに降りるのも一つのオンラインカジノ 税金 出金です。運任せでプレイすると勝率を大きく低下させることにも繋がるので気を付けましょう。

強い役を引ける確率は数%とかなり低いため、基本はお互いに強さが近い役同士で勝負することになります。

明らかに勝てる場合を除けば、ほとんどが心理戦になるため、迷ったらなるべく降りることを推奨します。

兵庫 県 パチスロ イベント

心理戦とはいえ、ハンド(手札)弱い場合には無理に参加しないようにしましょう。

運要素はもちろんありますが、基本的には確率が主となるゲームなので、確率が低いのに勝負を続けていては負けが増えてしまいます。

勝率を上げるためには強い手札で勝負するのが最も効率的です。むやみやたら勝負をして運任せなポーカーをしないようにしましょう。

ただ、強い手札の時だけ勝負していると相手も警戒しやすくなって降りられてしまう可能性が高くなるので、

そういった側面での心理戦も考慮したうえで勝負時は考える必要があります。

ベットコントロールをする

ベットコントロールとは、その名の通りベットする額を自身でコントロールすることを意味します。

大きく勝とうとして大金を賭けたり、負けるのが怖くて少額しか賭けなかったり、こういったことをしていては安定した勝利には繋がりません。

適切なベットはもちろん人によって異なりますが、勝負できる時のベット、積極的に勝負しない方が良い時のベット、といったふうに自身の適切なベット量を決めておくと良いでしょう。

ベットコントロールが下手だと、勝負している相手からポーカーに慣れていないことがすぐにバレてしまいますので気を付けてください。

あおい パチスロ

ポーカーの大前提として、手にするカードの役はそのほとんどが弱いものです。

勝てるハンドが揃うまでには何度かのプレイを重ねる必要があるため、勝負時がくるまで長い目で戦い続ける必要があります。

豪運で立て続けに強い手札が来ることもあるかもしれませんが、基本的にはフラッシュやスリーカード、フルハウスといった強い役は大体2~4%くらいの確率でしか揃いません。

辛抱強く手札が揃うのを待って「勝つべきときに勝つ」ができれば、安定した勝率へと繋がるでしょう。

まとめ

ポーカーは、5枚のカードで役を作り、その強さで勝敗を競うカードゲームです。

確率的な要素と運要素、心理的な要素の3つが勝敗を左右します。強い役さえ作れればいくらでも勝ててしまいますが、そういった役が揃う確率は決して高くはありません。

そのため、ハンドレンジやベットコントロールなど勝率を少しでも上げるためのスキルを磨くことが重要です。

ルーレットのように完全な運任せのゲームではないので、オンラインカジノなどでポーカーをする際は確率を理解したうえで勝負するよう心掛けてみてください。